FC2ブログ

チョコレート嚢腫で入院

先日16日から21日までチョコレート嚢腫の手術で入院しておりました。


やれやれ、ようやく自宅に戻ってきましたよ。


この16日から入院して、17日手術、21日退院。


退院後は数日実家で安静。


5泊6日の手術の旅でした。


えーと、どんな手術なのか備忘録として書いておこうと思います。


もしかしたら、これからチョコレート嚢腫手術する人が見るかもしれないしねー。


<<7月16日>>

朝から入院。午前中に麻酔科の問診。


午後にベッドに案内され、お昼ご飯。(子供たちが面会に来るので個室が良かったのですが、


この時点では4人部屋でした。)


お昼ご飯、夕ご飯、ともに量が少ない!当然足りない分は院内のコンビニで買い食い。


しかし、買い食いもこの1度きりとなってしまうのです…。


夜、浣腸をされる。午前0時から絶食。



<<7月17日>>


午後10時まで清澄水は飲めるというか…ガンガン飲むように指導されます。


その代り、点滴しないんですね。そのほうが患者も楽じゃないですか。


で、また浣腸。もう出ないよ…。


午後1時手術室へ。


左手の甲に痛み止めシールをされていたのですが、そこに点滴。


心電図、脳波測定器みたいなのを付けられ、いざ全身麻酔。


ちょっと手の甲がしびれたなー、あれ?ちょっと目がかすむ…と思った瞬間、ブラックアウト。


昔通っていたそろばん塾の夢を見ていたら、手術終わったようで起こされました。


ボケたままの第一声は「台風逸れて良かったですね」だったようです。


広島、あれだけ直撃直撃言ってたのに、それましたもんねー。


血栓防止のマッサージ器を両足に付けられ、尿管の付けられ、ガタガタ震えながらベッドへ。


私は麻酔が合わない体質らしく、前の帝王切開でもそうでしたが、今回もまたすごい吐き気で、


夜中までずっと吐いてました。吐けるものないのに、胃液とか、胆汁とか吐きまくり。


私は、何かイベントごとがあるときは必ず大雨に見舞われるのですが、今回はまさかの曇天。


うーん…、おかしいな…と思っていたら。夜中、吐き気がようやく沈静化して


ウトウトしかけたと思っていたら、ベッドが冷たいことに気付いて布団を触ってみると


「どうしたの?これ?」っていうほどベッドがぐっしょり。放水されたか?レベル。


え?点滴外れた?尿管か!?と、慌ててナースコール。


看護婦さんたちは、点滴も尿管も外れていないし、水気などないのに、なんで


こんなにベットがグッショグショになっているのか相当不思議がっていました。


でも、私、なんでかわかった気がする。


夢うつつで見ていたけど、濡れたところ、なんか大きいのいたもん…。


という、オカルトな一夜でした。



<<7月18日>>


尿管も取れて、点滴も取れ、採血結果も良好。


傷もあまり痛まない。


ってか、傷よりもむしろ、内肩が激痛。なにこれ?鎖骨骨折した?ってくらい。


最初は、昨夜吐きまくったからかなーと思っていたのですが、看護婦さん曰く、


「腹腔鏡手術で使う炭酸ガスって、肩から抜けるらしくて、痛がる患者さん


いらっしゃいますよー」とのことでした。


でもほんとね、お相撲さんとか、プロレスラーに肩をバンバン叩かれてるくらい


の痛さなんですよ。痛さ半端ねえ。腹の傷なんて問題にならんくらい痛い。


ってわけで、3日間はこの肩の痛みに翻弄されました。


私が入院したところは、術後にすぐ麻酔をやめるので腹の傷が痛いとは言われていたのですが、


別にそんな痛くなかったです。ちょっとした生理痛くらいです。



<<7月19日>>


この日から連綿と続く恐怖の便秘。


私、ほんと、便秘と無縁でしてね。いまこの日記書いてるのが25日なんですけど、


出ないんですよ…。


便意はあるのに、固くって出ないの。やばいですよ。


レメディー飲んだりしても、ほんのちょっと固いのが出るばかり。


腹は膨らむ一方。恐ろしい病気ですね、便秘。


これはどーにかしないと…と、一応浣腸とマグネシウム系の便秘薬を購入。


でも!出ないんですよ…。


浣腸なんてしたら出まくりになりそうなのに、スティーブンセガールばりに沈黙を守っている私の尻。


とりあえず、全身麻酔すると便秘になりやすいそうです。


さらに、腹腔鏡手術も便秘しやすいそうです。ダブルで便秘しやすいわけですよ。


いまね、水分とったり、寒天食べたりしてます。


どーにかこーにか出るように神頼み。


そのうちいろいろ元に戻ると思うのですが、便秘という後遺症が残されるとは…。


これから全身麻酔とか、腹腔鏡される方は、術前からお気を付けください。


術後はあまりためらわずに下剤を服用されたほうがいいかもしれません。


ってわけで、便秘(と極度の疲れやすさ)以外はもう大丈夫です。


子供を抱っこするとさすがに腹が痛いし、触ると痛むけど、かなり大丈夫になってきました。


あとは時間が薬ですね。


やれやれ、これで厄落としになるかなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キョロ37

Author:キョロ37
アラフォーの二児の母。広島在住。
育児絵日記や、オカメインコ、エネルギーワークなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター