FC2ブログ

みーさんとたっくん(94) はー、サンタお疲れ!

あー、世の中のサンタさんお疲れでしたー。


昨日は世の中の親御さんたちはきっと大変でしたよね。


家族がいる、子供がいるって本当に楽しいなって実感できるクリスマスですが、


準備もいろいろあるし、終わったらホッとする家族イベントナンバー1だな。


うちは今年はケーキはスポンジだけ買って、クリームとイチゴでデコレーション。


20161224-1


みーさんはクリスマスプレゼントにホイップるを欲しがるくらいなので


こういう作業大好き!率先してやります。


20161224-2


たっくんは生クリームの味見役(のみ)。


20161224-3


お~!6歳みーさん作にしてはなかなかの出来栄え!(親ばか)


将来はパティシエールですかね。


20161224-8


かーちゃんもディナー作成。


子供のリクエストでグラタン。大人はステーキ。


写真はないけど、サラダと子供用のチキンも。


あとは……子供たちが寝るのを待って……サンタさんがプレゼントを欲し


今年のプレゼントは、みーさんがホイップる、たっくんがトミカシステム。


20161224-7


20161224-6


クリスマス終了!あとは年越し、お年始か。


年賀状まだだから今日やらなきゃ。


あ!そうそう、年末はバイオハザード4D映画見に行くよ!


さすがに子供たちは無理だから、昔からの友達と。


そーいや彼女とも35年の付き合いか…。祝杯でもあげるか。
スポンサーサイト

みーさんとたっくん(93) ホットプレートチョコフォンデュ

今日は幼稚園の友達親子さんらとうちでチョコフォンデュパーティでした。


9組の親子で総勢22名。よく家に入ったなー。(笑)


まあ、でも去年も同じメンバーでケーキ作りをうちでやったし、なんとかなるものよ。


20161222-1


みんなでチョコフォンデュしたら美味しそうなものと、板チョコを2枚づつ持ち寄り、


ホットプレートでチョコレートフォンデュ☆


ネットで見たレシピだったんですが、耐熱皿に入れた板チョコ3枚を1分レンチンして、


160度~保温くらいの温度のホットプレートに置き、ちょっと暖かくした牛乳50ccを


ちょいちょい入れながらゆっくり混ぜる、だけ。


そーすると、特濃ホットチョコレートみたいな感じのチョコソースが出来ました。


すぐ固まらないし、分離もしないし簡単!!


ぶっつけ本番の私が出来たんだから驚異的な簡単さ。


20161222-2


さすがに大人数で耐熱皿を囲むわけにはいかないから、できたチョコソースを


お玉で紙皿に入れ、子供たちはそのソースに好きなものをフォークで取ってつけて食べるって寸法です。


バナナ、イチゴ、マシュマロは王道ですが、シロップ漬けのみかん、パイン、生のキウイ、ぶどう、


ポテチ、ベビーカステラ…などなど、すごく美味しかったなー。


20161222-3


子供たちも楽しそうだったし、親もいろいろ話して食べて、気楽な時間を過ごしました。


来年は…こうはいかないだろうなあ。それぞれ小学校も違うし、小学校の友達関係もできるし。


何より、子供たちそのものが大きくなるからもう20名とかで集まるの無理。(笑)


同じマンションの友達が小学5年くらいの男の子たち10名くらい招いてお好み焼きパーティしてるのに


参加させてもらったとき、部屋がパンクするかと思ったからね~。


そう考えると、すごく貴重な思い出になりそうだな…。


でも人間関係はいつもいろんな形に変化していくものですからね。そういうもんです。


さて、明日は…。あ、みーさんがピアノ教室でクリスマス会か。


あとは、車の点検で…。そのあとイルミネーションでも見に行こうかな。


今年のクリスマスディナーどうしよう。まだ迷ってるわ。(^^;

絵本

最近、絵本を読みながら涙してしまうことが増えたなー。


健気な描写とかあったり、素朴な言葉で喜怒哀楽を表現されてたりするとポロっとね。


でも子供に読み聞かせるときに泣きながらってのはさすがに子供らがビビるので


咳払いとかで涙をごまかしながら読んでます。


家にある絵本は、だから楽しい絵本がほとんどです。泣かずに読めるように。


「おこりじぞう」だけが唯一の悲劇的絵本かな。


原爆がテーマの絵本で、私の小さなころに親がくれた本だから。広島人だし。


でもこないだ図書館で借りた絵本が不意打ちでした。


「はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ」っていう本なのですが、たっくんが電車や車が


好きなので、喜びそうな本かなーって思って借りたんですよ。


これ、東日本大震災のときの実話をもとに作られた絵本なんですね。


もちろん私は被災地から遠いし、募金したり物資を寄付したりしか出来なかったんで


被災地を目の当たりにしたことなんてないんです。


でも絵本のなかのディーゼルの健気さと、いろんな人の必死な思いと、


あの時日本全体を包み込んでいた絶望的な空気が


ソフトなイラストと素朴な言葉で描かれていて、読んでて涙が止まりませんでした。


あ、予想通りたっくんは喜んでました。内容はよくわかってないみたいだし。


もうあれから何年も経ちましたね。でもいまだに傷跡大きいし、生活や人生が狂ってしまった


人たちが大勢いらっしゃるんだろうなあ…といろいろ考えてしまう絵本でした。


あー、もうクリスマスですね。明日は幼稚園のお友達たちと持ち寄りでチョコフォンデュパーティだわ。


うちで。総勢20名くらい集まりそう。準備しとこ。


みんなハッピーに年を越せますように。

みーさんとたっくん(92) サンタクロースが街にやってくる

進撃のサンタクロース。街にやってきますね、そろそろ。


クリスマスですよ。世のパパママは子供たちにプレゼントを用意するために奔走する季節。


そーいえば、先週広島で放送されたドラえもんの内容が、のび太のママがデパートかどこかに


クリスマスプレゼントを買いに行くという内容だったそうで、それを見ていたママ友の子供たちが


「え…なんでサンタじゃなくてママが…?どういうこと…?」とすごい猜疑心マンマンだったそうで。


すごい気まずい空気が流れたらしく、サンタをなるべく信じておかせたいそのママ友にとって


「これほどまでドラえもんを憎らしく思ったことはない」のだとか。


さて、うちもクリスマスの支度をはじめますよー。


といっても、ツリーは買ってないし、とくに電飾もしないし、部屋に何か飾り付けるわけでもない。


片付けが面倒じゃん。


だけど、クリスマス気分を味わいたい子供たちにツリーや飾りをせっつかれたので


「それなら自分で作ってみたら?」と提案したところできた作品が以下2点。


20161213-1


ツリーと家のでかいタペストリー。


100均で買った、黄緑色の模造紙を壁に貼り、折り紙で雪景色を再現したみーさん。


たっくんもちょっと参加してましたが、早々に飽きたらしく、ほぼみーさんのソロ作品。


けっこーでかいですよ。1m四方くらいありますよ。


20161213-2


マンション扉に取り付けたクリスマスリース。


すべて100均で買ってきたものだけ。みーさんの作品。


本当ならリボン巻いたりしてもっとそれっぽくしたかったんですけど、途中で親子で飽きたからね。


飽きっぽい性格をサンタさんにどうにかしてもらえないかなーって思ってます。


さて、あとちょっとで今年が終わる。元気で新年を迎えたいですね。

みーさんとたっくん(91) おかしなサロンがほんとにおかしい

みーさんが小さなころからずっと変わらず愛し続けているお菓子。


それは「作る過程を遊んで食べる系のお菓子」。えーと、ねるねるねるねとか。


ただ食べるっていうのじゃなくて、遊びながら食べれるようなやつです。


で、最近お気に入りのようなのがこちら。


2016206-1


ほんと食べれるの?って思うんですけど。


これね、ピンクの髪の毛らしきところがソフトキャンディになってて食べれるんですよ。


自分でヘアアレンジしたり、カットしたりして美容師気分を満喫できるお菓子。


2016206-2


こんな感じでキャンディを押し込むことで髪の毛が生えてくるんです。


でもキャンディが硬くて、なかなか毛がスムーズに生えないんですよー。


もうね、みーさんが真剣に作ってるから笑いませんけど、笑いをこらえるのが大変で…。


2016206-3


ひい!無理やり生やそうと力加減を間違うと、余計変な生え方に!


このあたりからさすがにみーさんも笑いだしてました。


2016206-4


後ろから見たところ。


耐え切れず笑いだす私。釣られて笑うみーさん。


これ、包装にある写真みたいにきれいに出来ないよー。でもウケるからいっか。


たっくんですか?粉まみれでねるねるねるね作ってました。似たもの兄弟です。


***


そういえば、全然話が変わるのですが、今日図書館に行った帰り道で…。


自転車3人乗りしてたら、横からクラクション。なんだ?と思ったら郵便屋さん。


いわく、「幼稚園の服が落ちていたんだけど、あなた方のじゃないですか?」って。


いや、私たちの幼稚園の服じゃなかったんですけど。


子供が制服着てたから、ひょっとしてと思って追いかけてきてれたらしいんですよ。


わざわざ、配達中だろうに。私たちが困るだろうと、控えめなクラクションでゆっくり追いかけてくれた郵便屋さん。


優しいなあ…。世知辛い世の中ですが、こういう人に会うとすごく嬉しくなります。


私たちのじゃなかったけど、嬉しくてありがとうって何度も言いました。彼に幸あれ。

おばさんになってきたな

先日、久しぶりに飲みに行ったんですけど。


もうね、5年ぶり。テンション上がりまくっちゃってね。


でも独身の時と違って、お金もないし、おばさん同士で近場の安い居酒屋。


安いだけあって接客がやばいレベルで、呼んでも来ないし、注文したものもちゃんと来ないし、


まず、挨拶はないのが基本なのは良いとして、料理の説明も何言ってるんかわかんない。ボソボソ系。


でもイケメン集団にはすぐに笑顔で生き生きと接客に行く高校卒業したてぽい女の子たちの接客をうけました。


ババアじゃ相手にされないか☆


なんかね、高校の文化祭でやってる模擬店の喫茶店とかにいった感じ。


でも、いいの。楽しいし、安いし、お酒あるし。若い子の性欲をチラ見で観察しつつ飲む夕べ。


ふふ、でもこんな私でも居酒屋では隣の席になった若い男の子と微笑み合ったり、


指を絡めてイチャイチャしたりしたんですよ。


相手の推定年齢1歳3か月くらいですけど。


かわいい盛りですわ。


おばさんになると幼児にモテるようになるよ。ほんとに。


あー、楽しかった。また行きたいなー。


なんて書くと、子供放って飲んで遊んでるみたいですが、翌日には子供を連れて


小さなホールでやる人形劇を見に行ったんですよ。


人形劇って言っても、黒子が2人ががりで操ったりする大きな人形ね。


若々しい劇団の方々の演技に元気をもらい、子供たちもとても楽しかったらしく大満足で帰りました。


内容はアラビアンナイトだったんですけどね。大人も楽しかったです。


たまにはテレビや映画じゃなくて生の演技を見るのもいいですね~。


そうだ、また来年も狂言見に行きたいなー。

ふう

子供たちが1週間くらい熱を出して、こっちもいい加減、煮詰まるくらいの看病疲れ。


ストレス解消に明日は同じマンションの友達らと気楽な飲み会に出かけます。


行先は近所のめちゃ安居酒屋。時間もお金も気にならんからね。


ババアだけの客もまぎれこめる客層だし。


さて、12月ですねー。本当ならそろそろ大掃除ってとこですが、


まだ幼稚園行事がバタバタしててなかなか時間が取れず。(言い訳)


ほんまね、幼稚園によって全然違いますね。


うちは親の出番が多くて、ほぼ親に行事を丸投げな幼稚園なので。


とはいえ、行事ごとに関わることで子供の様子を見れるのが楽しいです。


みーさんが「ちゃんと話を聞きなさい」って先生に叱られている場面を見れたり、


あらぬ方向を眺めながら鼻くそほじってるところを見れたり、


叱られた後も先生の話をやっぱり聞いてなさそうな態度を再度見れたり。


たっくんが友達とケンカして先生に怒られ、ふてくされて泣きながらトイレに駆け込む場面を見れたり…。


好き嫌いして残そうとしたものを許されず、諭されながらしぶしぶ食べてる場面を見れたり…。


あんまりロクな場面は見れませんが、幼稚園でのリアルな子供の姿は見ることができました。


まあ、他の園児たちとなんとなく仲良くなれたのはうれしいかなあ。


幼児って本当に人懐っこい!


●●ちゃんのお母さん、●●くんのママ~って感じで群がってきます。レアキャラ扱いで。


かめはめ波とかで容赦なく攻撃されるときもありますが、なんかすっごい歓迎してくれる子もいて


うれしいです。もう普通に「お母さーん」って呼ばれます。チミのお母さんじゃないよと思いながらも


なんとなくうれしくて、自分の子以上にヨシヨシしてしまう。(笑)


別にその子のお母さんがいないわけじゃなくて、うちの目の前のマンションのお子さんでよく見かけるから


たぶん間違えてお母さんって呼ぶんだと思うけど。


1か月に1回くらいなら、こうやってお手伝いするのも悪くないなーと思いました。


それ以上は無理だけどね☆はは!
プロフィール

キョロ37

Author:キョロ37
アラフォーの二児の母。広島在住。
育児絵日記や、オカメインコ、エネルギーワークなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター