FC2ブログ

みーさんとたっくん(73) 医師の見立て

最近、なんの影響なのか風呂に入ると熱心にお医者さんごっこをはじめるみーさん。


シャボン玉を作るおもちゃを風呂場に持ち込んでいるのですが、それを聴診器にして遊ぶんです。


患者?もちろん私です。


始まり方は唐突で、「はーい、お腹見せてくださーい。」と髪の毛を洗ってる最中だろうと


リンスしてる最中だろうと、洗い流してる最中だろうと言ってきます。


で、腹を見せると神妙な顔つきと声で


「心臓が動いてませんねえ…」と一言。


どうりで。最近あんまり動いてない気がしてたんですよ。


そこで私が「どうしたら治りますか?」と尋ねると、


「この薬を塗りましょう。」と塗り薬を処方されます。


さらに、


「ちょっと痛いけど注射しますからね。我慢してくださーい。」と言われ、架空の注射を刺されます。


そして私の心臓は事なきを得て、「ありがとうございました。」とお礼の言葉を述べるのです。


なんだろう、心臓が動く動かないなんてどこで覚えたんだろう。幼稚園かな。


5歳のみーさん。面白いです。


たっくんはそんな私たちを尻目に、風呂の壁をなめるのに必死です。


最近なぜか壁を舐めるんです…。やめろって言ってもやめないし。


妖怪のせいなのね、そうなのよ♪って感じに取りつかれたように舐めるたっくん。


そのうちやめるとは思いますが、なんでそんなに舐めるのかよくわからないです。


自分の子供なのになー。


そういえばこの間おもちゃ王国行ったんですよ。楽しかったです。


シルバーウイークには、サファリランドか水族館に行こうと思っています。
スポンサーサイト

迷子の迷子の

今日、近くの大型ショッピングセンターに行ったんですよ。


大型だけあって、駐車場とかすごーく広いんです。車を置いた場所をちゃーんと記憶しておかないと、


後で「え!車、どこだっけ??え?え?」ってなっちゃうこと必至。


でね、まさにそんな風になってるおじいちゃんに帰り際、助けを求められまして。


おじいちゃんは腰も悪いみたいで、歩いて探すのは限界あるっぽいんですね。


お連れの方もいないし、困り果てて声をかけてきたみたいなんですよ。


推定年齢86くらい…。まだ運転するのか、と驚きつつ。


探すために、車種、カラー、ナンバーなどを聞いたのですが、かなり曖昧。


一応、白の軽でライトバン、ナンバーも2種類くらい言う感じ。


たぶん、昔乗ってた車と混同してるっぽい。


おいおい、このだだっ広い駐車場でそれをヒントに探せって??


ははは、困ったちゃんだな、と思いながらもほっとくわけにも行かないし、


店員任せにするのも可哀想かと思い、車に同乗させてチマチマ探しました。


探索30分。見つかりましたよ。


ライトバンじゃねえし。ナンバー違うし。と思いつつも、見つかってよかった。


おじいちゃんは恐縮しまくりで、謝礼金まで渡そうとしてきたのですが、正しい大和撫子として


行きずりの親切に金銭など受け取れませぬ。


ってか、おじいちゃんそんな財布ゆるゆるだとソッコーでリフォーム詐欺とかに会うよ…。


でも久しぶりにおじいちゃんという人種と接したなあ。


背格好や、助手席に乗せる際に肩に担いだ感触が、結婚してすぐに亡くなった祖父に似ていて、


帰路では一人しんみり。


じーちゃんは最近あまり夢に出てきません。元気にしてるかな。


それにしても、大型ショッピングセンター大いに結構ですが、あの駐車場のだだっ広さゆえの


こういう弊害はなんとかならんかなー。年寄りには迷路だろうよ。


もっと車の場所を覚えやすくできないかなあ。
プロフィール

キョロ37

Author:キョロ37
アラフォーの二児の母。広島在住。
育児絵日記や、オカメインコ、エネルギーワークなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター