FC2ブログ

疎遠になっていく友達

20150117-1


素敵な廃屋を発見してパチリ。


なんで廃墟とか廃屋が私は好きなんだろうなあ。


閑散として寂しい感じが落ち着くというか、無の気配というか、


人の生活の抜け殻の生々しさというか、


そういういろんなものが混然一体となって私を引き付けるわー。


さて、明日は学生時代の友人に会います。


アラフォーの私。学生時代の友人は少なくなりました。


片手で数えるほどに減りました。


明日、会う友人はいま不妊治療中です。


実は、以前、別の不妊治療中の子からいろいろ言われて疎遠になったことがあります。


その子は、私が結婚する時も「おめでとうって言えない。


私も結婚したいのに…。」と言い放った子なのですが、


なんかいろいろあって、最終的に「子供のことを思って苦しくなるから私には会いたくない」と


言われ、いまは年賀状のみやり取り。


私からは尋ねられない限りは子供の話はしなかったんだけど…。まあ、いろいろありますよね。


なのに、たまになぜか「ランチでも」って言われるのですが、スルーしています。


で、明日会う友達も、不妊治療に踏み切るために仕事を辞めたことを


年賀状で知り、半年ぶりくらいに連絡をとったんです。


疎遠になった例の彼女のことを考えると、子持ちの私がしゃしゃり出て


余計なことになるかもと思っていたのですが、


また子供が原因で疎遠になるのは嫌だから思いきってランチに誘ったんです。


会ってみて、その雰囲気の感触で今後の付き合い方を模索しようと思って。


その子は「久しぶりに会えるね」と楽しみにしてくれているようなメールの文面だったから


一安心したんですが、例の彼女のことが若干トラウマなのでまだちょっとビクビク。


っていうか…。


子供ができる、できないって本人の努力とか、そういうものの範囲外のよくわからない


運というか、たまたま感があることだと思うんですよ。


宝くじみたいに。(あたりを子供としたら)


でも、宝くじあたって人生崩壊って話をよく耳にするように、


子供がいる=幸福とは限らないわけで…。


結婚もそう。結婚している=幸福ではないでしょ。


子供はとても可愛いし、親としてやっていくためのエネルギー源になりえます。それは事実。


だけど、可愛いだけじゃない。


躾もしないといけないし、小さい頃はつきっきりだから軽い監禁生活ですよ。


ぶっちゃけ、妊娠出産も苦痛を伴う命がけの作業だし。


さらに、子供にまつわるさまざまな人間関係やトラブルもありますし。


思春期くらいの子育てなんて、大変な話しか聞かないわー。


うちの母親なんて、姉に殴られたり大事な物を壊されたりしてましたしね。


刃物持って暴れたり、狂言自殺を繰り返す姉と母の攻防は何年続いたんでしょうねー。


12,3年か?


で、シクシク泣いてお酒飲んで吐いてる母親見てたら「姉(子供)がいなければ


お母さんは穏やかに過ごせるのになあ。運が悪いなあ。」と思っていました。


あ、ちなみに私はガタイが良いので暴走した姉を恫喝し、ねじ伏せる役でしたけど。


刃物でも立ち向かうYO★


父は家庭内ではまったく役立たずで、私になんとかしろと言うような人ですしねー。


なので、姉は、私が若い頃はともかく、大人になった私に対しては従順です。…って話が逸れた。


とにかく、私の家庭は一例ですが、子供がいる=幸せだと思っていると、


後々大変な思いをすると思うんです。


母だって、まさかこんな育児になると思ってなかったでしょうし。


母は子供になかなか恵まれず、ようやく産んだ第一子だったのに。


子供がいる=幸せだと思っていた分、その絶望は半端ないと思う。


別に、明日、彼女の尋ねられもしないのに、子供にまつわる話などする気はありません。


不妊の辛さを私は想像することしかできないし、よくわからない問題にずかずか踏み込むのも失礼だしね。


でも自分のブログの中ぐらいでは言っておきたい。


子供がいる=幸福だと思ってるととっても危険です。危険思想!


子供はね、意図的に親を幸せにするために生まれてくるわけじゃないですもんね。


自分がそんな風に生まれついてないように。


過度の期待を子供に課さないように。


欲しいのに出来ない苦しさは、辛いだろうと思います。


子供は可愛いです。でも、でも…、子供はそれ自体が幸福をもたらすものではないんです。


結果的にそうなる人もいるけれど、大変な目にあう場合もあるんです。


私もたまにみーさんが理不尽な理由で暴れたりすると、過去の姉と重なり、


かなりイライラしてしまいます。


でも、思うんです。


子供を持ってしまった以上、子供の幸せを思って、その時できる最善の育児を


模索するしかないと。それしか手がない。


奥の手や秘法や、ましてや武器なんてない。丸腰満身創痍育児。


そうやって疲弊して、老いていくのが生き物の親の宿命なんだろうなーって。


家族や親子ったって、そんなドラマみたいなすっごい絆とか、たぶんあんまないんですよ。


幻想、幻想。


生き物として懸命に生きていくだけなんですよ、一人一人。


…ってよくわからない文章になっちゃったな。


まあ、明日は久しぶりに子供抜きでゆっくりランチ。楽しもう。
スポンサーサイト

みーさんとたっくん(61) 

20150110-2

ちょっと離れたショッピングセンターにて。


仮面ライダーショーやってましたよー。


今日は厄払いに出雲大社分社に行って、その後このショッピングセンターに来たんですよ。


みーさんが「見たい見たい」騒ぐので(仕方なく)付き添う事に。(^^;


最新の仮面ライダーは『仮面ライダードライブ』というそうです。


ドライブて…。車なの?ドライバーになるの?


ライダーじゃないのか、お前…と思ったんですけど。


バイクに乗ってたからライダーだろ!と。


まあ、仮面ライダーシリーズはもういろんなモチーフをやってるわけですから、


今更どうということはないのでしょうけど、さすがに「もうなんでもありだな」感がすごいですYO。


結果からいえば、みーさんは大変面白かったようで、もう夢中で舞台に見入っていました。


途中で、司会進行のお姉さんが「みんな!仮面ライダーを応援して!


みんなの応援きっと届くよ!」などと言い、観客の子供たちにピンチの仮面ライダーへ


声援を送るように扇動するのですが、みーさん必死ですよ。


「もっと大きな声で!」とかシナリオに沿って煽られて、もうみーさん力みすぎて


おならしながら声援送ってましたからねー。もー可愛いったら。(^◇^;


学生の頃、私もぬいぐるみショーでバイトをしたことがあったなあ。


あのころは、レイアースだのドラえもんだの、セーラームーンだのやったわ。


ちょっと懐かしかったです。あの着ぐるみ、当たり前だけど臭いんだよなあ…。


今日のショー自体はみーさんの必死ぶりを見られて楽しかったです。


ちなみにたっくんは、夫に連れられてショッピング。夫はトレンチコートを買ってました。


20150110-1


久しぶりに廃屋写真。


またチマチマ撮ったから載せていこうっと。


最近、みーさんと会話が本格的に成立してきて面白いです。


今日など、トイレに行ったらすっごく小さいウ●チが出たようで、


「すごく小さいウ●チが出ましたー。見せてあげますー。」となぜか丁寧語で


私を呼びに来る始末。美しい日本語は素敵だけど、内容がアララですな。


今まで、家の中で夫以外にきちんと話が出来る存在がいなかったのに、


これからはみーさんも立派な私の話し相手。すごいことです。今年は5歳だね。


かーちゃん楽しみだよ。

初詣のおみくじ(長文)

初詣のおみくじって、神様からの言葉というか、その人にとって一番ためになる


ことが書いてあるとか言う話を聞いてからおみくじを持って帰るようになった私。


と言っても、まだ3回目なんですけど。持って帰り始めて。


で、持って帰ってじっくり読むの。んで、引き出しにしまって、たまに出してまた読むの。


私は特定の宗教にはまってるわけじゃないですが、いわゆる『神様』はいると思っています。


今年でめでたく3度目の年女(本厄)となる私が、今までの人生を生きてきてそう考えるに至っています。


んで、まあ、私はいつも初詣は出雲大社(分社だけど)なんですよ。


なぜなら、結婚した不思議なきっかけが出雲大社だったから。縁結びの神様でもあるんですよね。


それから、何かというと出雲詣で。蕎麦も美味いんですよーって話が逸れました。


おみくじですよ、おみくじ。


「おみくじは神様から個人へのメッセージだ」と聞いて、最初にひいたおみくじ。


それは2013年のお正月です。


その頃の私は、たっくん妊娠中で旦那は単身赴任、寂しさと赤ちゃん返りと反抗期で


情緒不安定なみーさんを抱え、さらに妊娠の経過も良くない状態だった私は


日々一人きりで戦ってるような不安でいっぱいで、初詣で勝手な神頼みさせてもらおうと思ってました。


で、おみくじを引くと。


「神様と先祖と自分の良心があなたを見ている。何事も引っ込み思案や取り越し苦労は禁物。


思い切って大胆に行うがよい」と書かれてました。(長文をちょっと省略意訳)


なんだ、ちゃんと見守ってもらっているし、気楽にやればいいんだなとホッとして涙が出そうでした。


そして、去年のおみくじでは。


みーさんの赤ちゃん返りがマックス。これで幼稚園とか大丈夫かなー心配していた時期でした。


私自身も幼稚園の人間関係とか、ちゃんとこなせるかと考えてナーバスだったし、


夫との関係も少しすれ違いがちで、一人でイライラすることもあったんですね。


その時のおみくじに書かれていたものは。


「神様に守られている日々の恩恵を忘れずに謙虚に過ごせばよい。


信心して一歩一歩進めば本年はいい年になる。目上の人の引立てで幸福になる。」と。


そうよね、ちょっと傲慢になってた。


私みたいなタイプの心配性って、結局自分のことばかり考えてる感じで、つまりは傲慢なのかもなあ。


初心に戻って謙虚に過ごさないといけないなーと反省。


良い1年でした。幼稚園では年上のママさんと何人か知り合って、いろいろ教えてもらえて助けてもらえたし。


そして、今年。本日のおみくじ。


みーさんとたっくん。どんどん成長してきて、こちらも頑張って親業をしているけど、


幼稚園も慣れて、なんとなく中弛みが来そうな感じだったんですね。


そんな私へのおみくじメッセージは。


「善良なるしつけは、まず家庭に始まるべし。


本年は正鬼門にあたっており、運勢は決して良い年ではない。いかに工夫工面しても


とかく為すことは志と違って失望に終わることが多い。このような年は神様に祈り深めて


依頼することが肝要である。(原文ママ)」とのこと。


ひえー。まさかビシッと、最初に子供のしつけについて言われちゃってるし。


さらに、今年が私の本厄なのも書かれてるし。


運勢悪いのかー。工面工夫を凝らしても失望…。


と、とりあえず、喝を入れてもらったのでしつけ、頑張ります!


でも、失望かあ…。


実は、いま、チョコレート嚢腫を小さくしようと思って本格的にホメオパシー治療を始めました。


ホメオパスの方に相談に乗ってもらい、処方に従ってレメディをとってます。


ただ、私の病気は体質や正確に大きく左右されるし、インナーチャイルドの問題もあるそうで…。


私の心のあり方が体に大きく影響を与えているということですね。


そして、その心のあり方というか、考え方、傾向、などは小さい頃の体験からというわけですね。


うーん…、不幸ではなかったけど。人に話すとちょっとびっくりはされるけど…。


でも貧乏ではなかったし、大学まで進学させてもらった。いろいろある家庭だったけど。


もっと大変な思いをして育った人なんていくらでもいると思うけどなあ。


まあ、ここからはまた別の機会に書こうっと。


夏までにホメオパシーで結果が出れば…と思ってるけど、ダメかもなあ。


ダメ元でやってるし、手術は避けれずとも、根本体質を治して再発しないようになればと考えてるわけで…。


うーん、ダメなら仕方ないね。おみくじの病気の項目は長引くとも治る」って書いてあるし、


夏までに良くならなくても、数年かけて治れば、それでいいか。


とにかく、おみくじってすごいですよ。ちゃんと神様の言葉を聞きたいって思えば、神様は


ちゃんと言葉をくださるんだなーって思ってます。
プロフィール

キョロ37

Author:キョロ37
アラフォーの二児の母。広島在住。
育児絵日記や、オカメインコ、エネルギーワークなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター