FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みーさんと一緒(78) 赤子の群

昨日、友達のママ友のおうちに遊びに行きました。


彼女は人懐っこい性格なので友人が多く、毎回いろんなママ友を招いており、


仲間内で遊ぶっていうよりも、育児中のママの集会場のようになってます。(^^)


今回は、


ママ 5人


赤子 7か月~2歳までと妊娠中のお腹の中の1人も合わせて6人


総勢 11人。


みんなでワアワア言いながら持ち寄った手作り菓子やフルーツをつまみ、


お好み焼きをデリバリーしてワシワシ食い、合間合間で赤子の世話。


もう誰が誰のママとか関係なく、誰かが誰かの子供を抱っこしてたり見ててくれる状態。(笑)


1対1の育児ってやっぱり肉体労働だしけっこーシンドイ時もありますが、


ママが5人もいれば赤子が騒ごうがどうしようがまったりと世話できていいですね。


諸外国には子育てをする女性だけが集まって共同生活をするなんて文化があるそうですが、


それってすごい合理的というか、ママには助かる育児環境だなあと思いました。


で、みーさん。


うちのみーさんは泣き虫弱虫人見知りの3拍子なので、午前中はずっと


みんなが騒がしく楽しんでいる場の中で身体を固くして私にしがみついているか、


他の赤ちゃんに触られたり誰かに話しかけられてビックリして泣いているかでした。(^^;


人見知り遺伝子がかなり色濃く出てますなー。


で、帰る時間の少し前になってようやくリラックス出来始めたのか、


自分なりに遊んだりしはじめました。ホッ。(^▽^;


近所に子育てママサロンみたいなのがあるのですが、不特定多数の人が利用するので


けっこーいろんな病気をもらう事がある、なんて話を聞いてあんま足を運んでなかったんですよ。


いや、あんまっていうか、一度も。(笑)どうしても知ってるママ友との遊びを優先してしまって。


でも、みーさんのためにもああいうところに出向いて、いろんな知らない子供と遊んだりして


刺激を作ってあげた方がいいんだろうなあ…なーんて思いました。
スポンサーサイト

テーマ:初めての子育て - ジャンル:育児

みーさんと一緒(77) インタビュー ウィズ みーさん

母乳育児のため毎日和食なのですが、飽きたので今日はシチューを作成。


とはいえ、市販のルーは大豆油がたっぷしなので使えず、かといって牛乳もなあ…。


ってわけで、使わず余っていた粉ミルクを使用。


ちょっと味見してみると、ちょっとコッテリした牛乳で作った感じかな。


まあ、赤ちゃんが飲んでも大丈夫なんですから、母乳育児に問題はあるまい、と思ってます。(笑)


----------------------------------------------------


まだまだ話すまでには月日がかかるだろうみーさんですが、


一緒に生活していると喜怒哀楽や、興味のあるものなど仕草や表情でわかります。


そんなわけで赤子にインタビュー。


質疑(以下 質)「こんにちは。今日はいろいろ質問させてもらいます。」

みーさん(以下 み)「こんにちは。構いません。」

質 「さっそくですが、なぜ朝は母親を蹴って起こされるのですか?」

み 「(笑)蹴ろうとは思っていません。脚を動かすとそこに母の腹がある感じです。」

質 「なるほど。では、朝一番にオムツをかえる際、なぜあんなにも大騒ぎを?」

み 「みんなオムツ替えられるの好きじゃないでしょ?普通。

   逆に、なんで母は私のオムツを替えたがるんですか。

   よほどオムツが好きらしくて、使用済みオムツを紙袋に集めていて驚きました。」

質 「さあ、私にはわかりませんが…。では、次ですが、授乳時におっぱいを見ると

   やけに呼吸が乱れますよね。母親は「赤ちゃんじゃなかったら変態だ」と仰ってましたが。」

み 「失礼な女ですね。我々にとって一番興奮するイベントが授乳もしくはミルクタイムなんですよ。

   そこは理解していただきたいですね。」

質 「失礼しました。つまり大人にとっては大好きなアーティストのライブが始まる寸前、くらいですか?」

み 「そう思ってもらって構いません。」

質 「話は変わりますが、最近ハマっている事は?」

み 「父から贈られたオモチャで遊ぶ事ですかね。」

質 「それは、どういったオモチャなんですか?」

み 「朝、四角い箱の中で踊っている緑色の生き物と同じもので、歌ったり踊ったりします。」

質 「あー、教育番組のキャラクター(サボさん)ですね、これは。」

み 「名前は知らない。ただ、いい動きをします。」

質 「歌と踊りが好きですか?」

み 「とても好きです。しかし、母親が私と目が合うとぱわわぷ体操やオフロスキーの踊りを

   歌いながらドヤ顔で見せてくるのは視覚の暴力だと思っています。」

質 「それでは、やめてほしい、とお願いしてみたほうがいいのでは。」

み 「母親が可哀想だからそこまでは…。黙ってやらせています。」

質 「優しいですね。」

み 「普通です。」

質 「そういえば、今日は金曜日ですが、週末のご予定は?」

み 「母方の祖父母が家に来るそうです。」

質 「そういえば、祖父母からお雛様を贈られてましたね。」

み 「とても綺麗です。ありがたく思っています。ただ、私が触ろうとすると母がすごい形相で止めるので

   触るのは控えています。」

質 「最後に、父親となかなか会えない毎日ですが、どうお考えですか?」

み 「身の回りの事は母がやってくれるので不自由はありませんが、やはり父がいると嬉しいです。」

   父がいる週末は興奮してなかなか昼寝ができないくらいです。」

質 「(笑)では、この週末ももちろんご家族揃って過ごされると。」

み 「そうですね、明日がとても楽しみです。」

質 「今日はありがとうございました。お疲れさまでした。

み 「いえ、こちらこそありがとうございました。」


なーーんてね…。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

みーさんと一緒(76) うれしかったこと

だいぶ良くなってきたとはいえ、まだまだ顔の肌荒れが目立つみーさん。


そんなみーさんを連れていると、いろんな人がいろんな事を言ってきます。


まず、


①つぶやき族

「可哀想~」とか「病院連れてけばいいのに」など、無責任に通りすがりざま

こちらを凹ませる事を一言つぶやいて行く人たち。


②顔見知り気遣い族

「あらら…、大変ね」とか「あそこの病院が良かったよ」など、ご近所の顔見知りの方々が

みーさんと私を見て単純に同情から声をかけて下さる場合。


そして、


③初対面同情声掛け族


先日、初めてニュータイプの③に遭遇。


近所のスーパーで買い物をしていて、買ったものをエコバックに詰めていた際なのですが…。


年配の小奇麗で優しそうな女性が声をかけてきました。


女性「あの…すいません。」


私 「?はい。(道か時間でも聞かれるのかな。)」


女性「あのね、突然声をかけてごめんなさいね。失礼かもしれないけど、


   その、あなたと赤ちゃんを見ててどうしても言いたくて…。」


私 「???」


女性「あの、赤ちゃんのお顔…なんだけど…。」


私 「あ、ええ…ちょっと湿疹がひどくて…。治って来たんですけど。


   前はもっとひどくて…。(うわ、新手のつぶやき族かなあ。礼儀正しいけど…)」


女性「大変なの、すごくわかるわ、私の娘の赤ちゃんがね、ほんとうにひどかったの。


   私も娘も毎日暗澹としていてね……。」


私 「そうなんですか?大変だったんですね。私も早く治してあげたいんですが…。」


女性「それでね、えーと、1歳過ぎくらいにS皮膚科ってところに行って薬を塗ったら治ったの!


   いま、3才なんだけど本当に綺麗になったのよ!」


私 「S皮膚科!私も行きましたよ!」※S皮膚科は非ステロイド治療の皮膚科


女性「あらー、そうなの!?お薬頂いた?」


私 「うちはまだ小さいから薬に頼らず、何もしない方がいいって言われて、


   生活習慣の指導だけでした。」
(本当は頼んでグリパスもらったけど、先生的には渋ってた。なので、あまり使わなかった。)


女性「そうなのー。うちは1歳過ぎてからだったからかしら。」


たしかに、1歳未満の湿疹はS皮膚科的には放置プレイでした。


下手に何もしない方がいいからです。


たぶん、女性のお孫さんは1歳過ぎても湿疹が治らない=アトピー慢性化傾向だったので


多少の薬を処方してもらったのだろうと思います。


女性「あら、私ったらおせっかいな事いって…。引きとめてごめんなさいね。」


私 「いいえ!声をかけていただいて嬉しかったです。娘の事で落ち込む事ありましたし。」


女性「そうよね~。でも、うちの孫も大丈夫だったし、ぜったい大丈夫よ!」


私 「そうですね、ありがとうございます。心強い話が聴けました。」


女性「ごめんなさいね~。失礼します~。」


私 「ありがとうございました。失礼します。」


…って事があったんですよ。


世の中、つぶやき族だけじゃない!!


こんなふうに「自分が辛かったから、教えてあげたい!」という心遣いを持って


話しかけて下さる方もいるんですね…。


世の中まだまだ捨てたもんじゃねえ…と思ったのでした。

みーさんと一緒(75) アレルギー湿疹と闘う⑩

みーさんはオムツを替える時や、服を着せる時、号泣します。


みーさんは裸大好き裸族なので身体に何かをまとわせられると鬱陶しいのでしょう。


そんな時は「流行りの服は嫌いですか?」などとムスカ大佐ちっくに上から


目線で問いかけます。答えてはもらえませんが。


で、号泣しているみーさんの前で、これまたムスカ大佐のモノマネで


「目が…っ!!目があああ!!!ああ…あああ~~~…!!」


身をよじり、手を震わせながらの渾身の演技力でやりぬくと、何気にウケてます。


うちの気難しい裸族シータちゃんには困ったもんです。


さて、だいぶ前からチマチマ書きためている湿疹シリーズですが、一度まとめたいと思います。


私がみーさんの世話をしながらわかった事や、勉強した事など書いておきます。


湿疹のためにした事で、効いた事など…。


---------------------------------------------------------------


まず、母乳で湿疹が出来る子は母親の食事でだいぶ改善されます。


ただ、食事を改善したから、とすぐには治りません。


身体の排毒が終わるか、胃腸が強くなるまでは湿疹は続きます。


添加物、脂、卵、生もの、乳製品、甘いものなどはなるべく取らないように。


なるべく手作りの和食で米・野菜中心、油はオリーブ油などで調理する事。


普通のサラダ油は大豆油が入っているのでアレルギーになりやすい。


洋菓子・チョコレートは摂らない事。どうしても甘いものが食べたい場合は


フルーツやサツマイモ、和菓子などで。


ミルクの子で湿疹が出来る子は、牛乳成分が合わないか、ビタミンBを吸収しにくい


体質である場合があるので、ビオチンをはじめとするビタミンB群を摂取させると良いそうです。


外用薬はなるべく非ステロイドで。


保湿も極力抑える事。保湿し過ぎるとかえって肌が弱ります。


赤ちゃんのアトピーは成長とともに治っておくものがほとんどなので、あせらず頑張るしかないです。


アトピーは排毒がうまく出来ない事で起こっているので、胃腸を綺麗に強くし、


排毒をうまくさせることと、アトピーの子は免疫反応が過剰な体質なので


そういう体質をゆっくりと治してあげる事、痒みにはその都度対処するしかないです。


以下は湿疹のためにやって良かった事。


うちは母乳育児なので、経口摂取のものは基本的に私が摂ってます。


●ドクダミ茶(個人差があるので少量で試してなんもなければやってみるといいと思う。排毒作用。)


●亜鉛サプリ(皮膚再生。ヒスタミン抑制)


●鉄サプリ(貧血の母親の母乳を飲む子はアトピーになりやすいとか)


●ビタミンB群サプリ(皮膚再生。美肌。ヒスタミン対外排出作用)


●お風呂には重層と塩(塩素対策)


●マリエン薬局カレンデュラカモミールクリーム(湿疹の掻き壊し)


●馬脂(乾燥がひどい時)


●タール剤(炎症部分)


●ポリベビー(ジュクジュク湿疹)


●ドイツマリエン薬局皮膚疾患と免疫のレメディ(みーさんに飲ませる)


●ビオフェルミン細粒(みーさんに飲ませる)


●アトピー用ミトン


などなどでしょうか…。


いまのトコ、一時よりはましなのでこれくらいあればなんとかなります。


頭、背中、脚はだいぶきれいになりました。後は腕と顔ですね。


まあ、顔もひどかったときに比べたらマシです。(^^;


赤ちゃんの湿疹に悩んでる方がいたら、少しでも参考になれば…と思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

あんたに何が出来る?

先日、ある男性と育児について話をしていた際、


私の夫が忙しくてなかなか平日は育児に協力はできないでいる、と話すと、


「夫は外で忙しく働いているんだから仕方ない。それならあんたが


外で働いて同じだけ稼げるか?特殊な才能や特別な資格とかないあんたに


何が出来る?え?何も出来んだろう?」と言われてしまいました。


えーーと、ごめんなさい。


夫が育児に協力できない事は私も承知の上ですし、それを責めようとは思いません。


それに、「協力しなくても出来ない」のであって「協力的でない」とは言っていません。


男性の仕事はたいていの女性より大変だと、いままでの社会人経験からわかっています。


男は外に出れば7人の敵と戦いながら世間を渡っているものなのだと、思っているクチなので。


実際、私には夫と同じだけの年収を稼げる能力はありません。


なので、夫には感謝しつつ尽くし、育児をして家事も手を抜かず切り詰めながらやっているつもりです。


だけど…


やっぱりある種の男性はお金が稼げるヤツがエライって思うんですねえ…。


そして、育児中だろうとなんだろうと、無職中の女性を見下し、平気で馬鹿にできるんですねえ。


っつーか、男性と同じだけ稼いでいる女性がどれくらいいると思ってるんだろう…。


男性は昼間のサービス業。


お客はお年寄りや主婦ばかり。私だって、実はお客だったのですよ。


そんな、自分が馬鹿にしているだろう人間に支えられて生活しているのに、よくそんな事言えるなあ。


男性は還暦過ぎ。バリバリ働く女性を妻とし、子供がいなかったため、育児にかかる実際の


労力がよくわかっていないんだろうと思いました。とくに、核家族で乳幼児の赤ちゃんにかかる労力が。


なんかさ、専業主婦っていうと、せんべい食べながらテレビ見てダラダラ…って感じですけど、


まあ、実際そういう人もいますけど、大半はそうじゃないです。


ずっと家にいる主婦の方は働きたくても働けない事情があったりします。


育児中だったり介護中だったり就職活動中だったり。


特に事情が無ければ、家事をめっちゃ頑張る方だったり、ご家族が専業を希望されていたり、


ボランティアをしていたり、パートに出ていたり。


私も専業主婦の母を見て育ち、学校から帰るとオヤツ食べながらテレビ見てる母を見て


お母さんは呑気だなあと思っていました。でも、母の手作りのおやつはセミプロ並みで


大好きだったし、友達からも家にいてオヤツを作ってくれる母はうらやましがられたものです。


なんだかなあ。


私も世間から見たら赤ちゃんの世話だけしていればいい呑気な身分なんでしょうね。


まあ、あんな一言がこんなにひっかかっているのは、自分自身がそう思ってて自信が無いから


なんですよね。ショボイ資格しか持ってないし、再就職できるかなあ…っていう不安の表れなんですよ。


うーむ…。あー!悩んでも仕方ないですよね。


おっさんの発言は忘れよう。


でも、みーさんが幼稚園になったら就職活動したいなあ。


20110212

写真はバレンタインのプレゼント。


コニャックに葉巻と葉巻入れの木箱。


コニャックは酒好きの旦那に。おまけで葉巻一本と木箱が付いていたので、


こっちは私が部屋の小物入れに使おうと思ってます。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

みーさんと一緒(74) 赤子の知能

最近、テレビCMで彼氏を作る携帯ゲームの宣伝がありますよね。


「世界一幸せにしてやるよ」とかって二次元イケメンが言ってるヤツ。


そんな大風呂敷広げたら、畳めなくて苦労するぞ~と、


30代のおばちゃんな私は思ってしまうのですが、


若いってイイね★


若いって、言動に責任を負わない事だよね★


しかし、一度はイイ男ににあんなセリフを言わせたい。


かく言う私も、モテな過ぎて暗い青春時代を過ごすにあたり、


彼氏を作るゲームに耽溺した経験のある乙女ですから。


いや、待てよ、私には結婚までした男がいるのだから、


そいつに言わせよう、と思い、夫に向かって「このセリフを言ってみて」とお願い。


夫 「真面目に言わないといけないの?」


私 「当たり前でしょ。」


夫 「・・・・・・・・・・」


私 「・・・・・はやく」


夫 「・・・・せ、世界一幸せにしてやるよ・・・」


私 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


夫 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


私 「想像したよりあんま嬉しくないな。」


夫 「ちょっ…。(^□^;」


夫婦ってそんなもの。


世界一幸せにしてくれる男が欲しいなら、まず自分がその男を最高に幸せにできる女でなきゃ。


私はそんな事できないから、しみったれた幸せで十分なのですYO。


さて、先日のみーさん。


20110207


まだ顔がほんのり赤いですが、一時に比べるともう、すっごい回復です。


顔にはひっかき傷はありますが、湿疹はほとんどありません。


そんなみーさんが夫の膝で遊んでいます。


夫が手にしているオモチャ…。


それ、オカメーズのだよ。


オカメインコ用の、ペットショップで買ったオモチャです。


でも、鈴がチリンチリンなるし、派手な色合いなのでみーさんお気に入りの様子。


知能はまだまだオカメくらいなか?みーさん。


※おもちゃは清潔にして遊ばせています

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

みーさんと一緒(73) アレルギー湿疹と闘う⑨

さて、最後に湿疹との戦いを書いてからまた時間が空いてしまいました。


いまは…というと、またちょっと湿疹出てます。


というのも、1月22日に予防接種(3種類)を打ったんですよね。


予防接種には牛だの鶏だので作られた抗体が入ってますし、さまざまな


添加物(というか、水銀や毒素を含んだ化学物質)がたくさん入っています。


そんなわけで、アトピーの子供は予防接種後は一時的にひどくなるんですよ。


排毒しようとして。


で、例にもれずみーさんも摂取後2日後にはすごい事に。(^^;


でもそれは覚悟していたので気持ち的な落胆は(あまり)無く。


それに、以前よりは確実に良くなってきているので、なんとなく気持ちにも余裕が出てきたというか…。


さて、最近の湿疹ケアについて記しておこうと思います。


一時に比べると良くなって来たので…


①湿疹部分にはタール剤だけど、最近出番が少なくなって来た


②ポリベビーはたまに腕の湿疹部分に多少使う。


③保湿クリームをちょっとだけ全身に塗る。ほんとにちょっとだけ。


④皮膚疾患と免疫のためのレメディを1日数回飲ませる。


⑤新ビオフェルミンS細粒を1日3回飲ませる。(腸内が荒れてると肌荒れに繋がるため)


⑥私がまた亜鉛サプリを飲みはじめました。(皮膚の再生、ヒスタミン制御)


⑦ビオチンサプリも。(美肌、皮膚再生、ヒスタミン排出)


⑦私の飲み物は、ハーブティか麦茶、ドクダミ茶。


⑧顔の乾燥には純度の高い液状馬脂。


⑨掻き壊し防止に、アトピー用ミトンを就寝時着用。


⑩お風呂は塩素対策に塩&重層。


とりあえず、つらつらと書きましたが、予防接種から10日かあ。


いつも湿疹が出ると2週間はかかりますねえ、「あ、だいぶ良くなった」って思えるまで。


今度は4月まで予防接種はないのですが、また打ったら湿疹かなあ。(^^;


ま、今度はポリオだし、ポリオは注射じゃなくて飲むらしいから、大丈夫かな。


やっぱ血管に直接、が一番アトピーひどくなるから…。


そしたら今度は1歳あたりまで予防接種なしか。それまでに肌が強くなるといいな。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

プロフィール

キョロ37

Author:キョロ37
アラフォーの二児の母。広島在住。
育児絵日記や、オカメインコ、エネルギーワークなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。