FC2ブログ

不思議な夢 お盆だしね

暑いなー。


お盆も終わり、8月も後半に突入。早く涼しくなっておくれ~。


お盆真っ最中に、、夢を見ました。


父方の祖父(20年近く前に鬼籍)が布団で眠るたっくんの横に


寝そべって、嬉しそうに寝顔を眺めていました。


父方の祖父の夢なんて初めて見たなあ。


男の子が生まれたから嬉しくて見に来たのかね。(母談)


同居してた母方の祖父(5年前に鬼籍)なら何度か夢に出てきたんだけど…。


1回目⇒夢に出てきてよ、とお願いすると、夢に宇宙に浮かぶ電車が出てきて、


そこから祖父の写真だけ近づいて来て「いま修行中だから会えない」って言われる夢。


電車は生前国鉄職員だったからか??


2回目⇒電車に乗って祖父に会いに行く。83歳で亡くなった祖父は50代くらいに


若返ってて、さらに若い男性の部下みたいなの連れてて、私に挨拶させる。


ダメもとで「一緒に帰ろうよ」と言うと「そっちじゃあ煙草吸えないから嫌だ」って


断られた。(^^;愛煙家だったのに肺を悪くしてから禁煙させられたもんねえ…。


3回目⇒愛鳥銀ちゃんが死んだ時、祖父が出てきて「(銀ちゃんを)連れて行くから」と


言って銀ちゃん手に乗せてすっごい長い廊下を超高速で歩き去っていく。


4回目⇒昔の祖父の寝室にいる私。(いまは改装して客間になってる)


疲れきった祖父が、天狗みたいな恰好して、サンタさんみたいに大きな荷物


を持ってベッドに倒れ込む。「あーー、疲れた~」連発する祖父。翌朝、煙草を供えておいた。


だんだん、じーちゃん進化してる…??


なんかあの世でも仕事してるんかなあ。


不思議だなあ。
スポンサーサイト

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

久々に金縛り

みーさんを出産してからめっきり霊体験しなくなりました。


正夢はよく見るけど。


みーさんを産んでから和室で一緒に寝ているのですが、和室には神棚があるのです。


以前、なんか怖い気配がふすまを開けて部屋に入ってこようとしたら、神棚からブワーー!って眩しい


光が出た事があって、神棚がある意味霊的セコム状態になってて安心してました。


あ、神棚っていっても、初詣で買う出雲大社のお札なんかを、水、塩、米と一緒に


それらしく奉ってるだけなんだけど。


とはいえ、セコムも万全ではないのか、はたまたそんなに害のないものはスルーなのか、


ちょっと前に就寝中、金縛りにかかりそうな気配がして目が覚め、ふと右側を見ると


なんかモヤモヤした影が。


寝てるとこを邪魔されて腹が立ったので「邪魔!」と一括して右手で強く押しのけたら、


がっしりした男性の胸を叩くような手ごたえがあり、影が「あ…」って言って消えました。


で、昨夜というか今朝。


身体がなんか動かなくなりつつある…と思ったら、おっさんが乗ってた。


見栄えはなかなか悪くない。素敵なおっさん。白衣みたいなの着てる??


でも、重い。乗られると重い。


私を金縛りにかけようとしてるのがわかったので、「重い!うぜえ!!どけ!」と


文句言ったら黒い霧のようになって消えました。


なんなの。


セコム、どうしたのかな。やっぱ害がないからスルーなのかな。


まあ、本人が追い払えるなら助けは要らないもんなあ。


それにしても、霊現象遭遇時には私は相手(?)に対して言葉もきつく、蹴ったり叩いたりします。


普段そんなこと全然ないんですよ!ほんと!


なんでしょうね、深層心理では私はすっごく乱暴なんかなあ。

テーマ:ま、いっか。 - ジャンル:

悪戯する幽霊

テレビを見ていると稲川淳二の怪談をやりますってCMやってて、


夏が来たなあ、と思いました。


稲川淳二の話はちゃんと聞いたことないのですが、


CM中の、暗がりに浮かび上がる稲川淳二の顔はたしかに怪談でした。


というわけで、日本の夏、怪談の夏。


去年に引き続き、本当にあった怖い話シリーズ。


とっても新鮮なネタがあります。


なんといっても、出産4日目で、入院してる個室であった出来事ですからね…。


信じる、信じないはあなた次第。


ただ、こんな事がありました……。


私が出産した病院は近所でも「なかなかいい」と評判で、家から近い事もあり、


私も特に迷うことなくそこに通ってそのまま出産しました。


今から思えば、やっぱり自分の勘を信じるべきだったのかもしれません。


病院は全室個室でいたれりつくせりって感じだったのですが、私の個室、


なんとなく、落ち着かないんですよ。環境が変わったから、とか、


出産したから、とか、そういう事ではなく。


部屋に漂う気配のようなものに、入院当初から「うーん、なんか変。」と思っていました。


実は出産してから2日間はまるまる眠れませんでした。


興奮していたのかどうなのか、ちっとも眠くならなくてずっと本を読んで過ごしたんです。
(夜は母子が離れた部屋に寝かされる病院だった)


で、入院してから3日目の未明。ようやくウトウトとまどろんでいた時のことです。


ふと、横向きに眠る私のアゴの下を指先でコショコショとくすぐるようにして


誰かが触ってくるのです。


それに気がついた時には、私の肌は全身鳥肌を立て、ピクリとも動けない状態になっていました。


ベッドのそばに、誰かいる……。


私は動かない口で懸命に、その誰かに「やめて!やめてよ!」と怒鳴りつけようとしました。


手も動かなかったけれど、どうにか動かしてその「誰か」の手を振り払ってやろうと頑張りました。


今までの経験上、念仏とか唱えてもあんま意味ないってわかってますし、


出来るなら、身体を動かす努力をしたほうが解放されるの早いんです。私の場合。


あ、九字は効果ありですけど!


怖かったですが、私は恐る恐る目も開けようとしました。


すると、パッと手が離れ、ささっと気配が私から遠ざかるのがわかりました。


そして、そのまま、ドアの付近でジッとしていたかと思うと、しばらくしていなくなりました。


途端に身体が動き、私は手を振り上げて起き上がってしまいました。


急いで電気をつけ、家にいる夫に「怖かったよう!」とメール。


本当は電話したかったけど、家にはお義母さんが泊ってたから、こんな時間に変な電話して


騒ぐのも悪いかも、と、変に格好つけて遠慮しちゃって…。ううう。


で、肝心の夫は…。


寝てて返信なし!!!


私は、怖さのあまり、看護婦さんに来てもらおうかとナースコールを掴んでさんざん


悩んだのですが、「金縛りにあいました!」って訴えても「うわ、変な人。」って思われ


るだけかも…と考え、そうなったらこれから残り数日の入院生活がイタイぞ、と思い、


どうにか留まりました。


代わりに、実家の母に緊急コール。


母は出てくれて、話を聞いてくれました。


怖かったよう…。


翌日、母は数珠とお札を持ってきてくれました。


うう、普段お守りは肌身離さず持っているし、病院に行く時なんて絶対忘れないのに…。


陣痛の最中入院したのでさすがに慌ててしまっていたのか、いつものお守りを忘れていました。


それから退院の日まで、どれだけ夜が怖かった事か…。


電気は怖くて24時間消せないし、ほとんど眠れませんでした。まあ、眠くもならんけど。


夫は心霊などまるで信じない人なので、この手の話は訴えても「錯覚だ。」「疲れだ。」で


片付けられちゃうんですよね。錯覚だろうとなんだろうと、こええんだよー!!


夫にこそ、幽霊は一度化けて出てあげて欲しいものです。

テーマ:本当にあった!怖い話 - ジャンル:

気弱なオバケ

久しぶりに金縛りにあいました。


結婚してからはめっきり回数が減り、2年ほど前に1度あっただけだったので


隣に霊と無縁な夫が眠っているからそういう目に会いにくくなったのかも♪と、


まったく油断しておりました。(-_-;


昨夜、眠っているとふとドアから寝室へ誰かが入ってきた気配が。


そして、窓側のほうで眠る私の枕元に来てウロウロしています。


その足音でパッと目を覚ましたんです。


真っ黒い、えーと、なんだ、人型のものがボンヤリといて、


私の上にうつ伏せてくっつくように乗っかってきました。


同時に、ビリビリと金縛り。


私より小柄だったので、女性か、子供だと思います。


胸に乗られて苦しくて、私は息を荒くしながら「どいてよ!!」


足でキックしながら怒鳴りました。



金縛りの時は全く体を動かせない時と、頑張れば気合で動かせる時があります。


すると、黒い人は慌てて起き上がり、またドアからコソコソと出て行きました。


もー、怒られて逃げるくらいなら最初からするなっつーの!!



金縛りが解けて、すぐに夫を起こすと、夫も私の息遣いが尋常じゃなかったよう



その呼吸音ですでに目覚めていたようでした。


私はレッド(仮名)は大丈夫だったかと心配でしたが、


多少筋肉の硬直と共にイヤな汗をかいたものの、体調は特に変わりないし、


何かされる前にキックで撃退できたので少し満足できました。


しばらく部屋の中で家鳴りのようなラップ音がしていたので、


まだいるのかもしれない、と思って眠ってしまわないように


少しの間、目を覚ましておきました。


その後、なぜか隣室のオカメーズがパニック状態に。


今度はあっちに行って悪さしたのかと怒り心頭。


今日は塩でも撒いておくことにします。うぬぬ。(-_-;

テーマ:本当にあった!怖い話 - ジャンル:

警察から謎の電話

幽霊体験ではないのですが、先ほどの謎の出来事を書こうと思います。


さっき、帰宅してから掃除機をかけていたら、その最中に電話があったんですね。


でもさ、うちの掃除機は古くてガーガーうるさいから、気がつかなくて取れなかったんですよ。


んでね、「あれ?電話だ。誰だろう」って着信を見てみたら、


全然知らない番号なんですよ。


んー、なんだろ、この番号。


市外局番が東京都なんですよね。


変だな、と思って番号をググると、


八王子警察署(代)番号なんですよ!!


な・・・・・・何があった!?


大急ぎで折り返すと、ちゃんと八王子警察の方がでました。


ビビりながらも事情を説明すると、


「ここは単なる電話交換だから、どこかからの電話をつないでいるだけで、


どこのだれか、どういった用事であなたの番号にかけたのかは、わかりませんよ。」


とのこと。


んでも、「じゃあ、警察からかかったわけじゃないんですか?」


と聞くと、


「いや、どこかの警察からだと思います。」


えーー!!


私の脳裏には、車で事故って大変なことになっている夫の姿や、


義母が持病で倒れる姿や、万引きして補導される母親の姿や、


父が会社の金を着服する姿、などなどの


およそ予測できる範囲での最悪の事態が次々と脳裏に浮かびました。


慌てて、電話を切り、身内に生存確認の電話をいれまくりましたよ。



結果。


夫→元気に仕事中

母→家でご飯を食べていた

父→同上

義母→元気


あれ??


みんな大丈夫じゃん。


えー?春先の駐車場で接触事故したのと(処理済み)、徘徊するばーちゃんを


警察に届けたくらいしか、最近警察と縁は無いんだけどなあ。


着信があってから1時間。


再度着信はありません・・・。いまのところ・・・。


ひょっとして、


電話番号間違えてかけただけなんじゃ・・・・・・。


警察だって人間だしネ★


なんて言いながらも、着信にちょっとおびえています。


<昨日のご飯>

20090831-1

●鯛のお刺身
●ヒラメのお刺身
●おでん(具は、卵、こんにゃく、鶏肉、厚揚げ、大根、じゃがいも)
●パイナップル
●バナナ入りヨーグルト

テーマ:ほんのりと怖い話。 - ジャンル:

プロフィール

キョロ37

Author:キョロ37
アラフォーの二児の母。広島在住。
育児絵日記や、オカメインコ、エネルギーワークなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター