FC2ブログ

再発しているぞー。チョコレート嚢腫

20160915-1

姉弟で、眠る姿までシンクロしていますよ~。かわいいなあ。


こうしてみると、たっくんのほうが若干手足が太い。


たっくん3歳はけっこーたくましいです。子供らしいぽっちゃり体型と言うか…。


よく食べるし。背も高いし、体重もある。足のサイズも18センチ!


対して、みーさんは小食で頭も小さく、骨も細く、どっちかというと虚弱ちゃん。


小さい頃から痩せて細くて、6歳にしては113センチの身長でけっこー背丈はあるけど、


それがさらに細身を強調させます。足のサイズもこないだまで18センチで、たっくんとかぶってたYO。


同じ親から生まれてもこうも違うのか…。


さて、去年手術したチョコレート嚢腫ですが、7月に術後1年の検診がありました。


そしたら、また出来てました。(-_-)チーーン…。


いま2.5センチ。小さいけどね。術後1年で2.5センチですからね…。


このまま順調に育てば、2年以後はまた手術範囲内。


もうやだよー。そんな大手術じゃないけど、それでも手術は手術ですからね。


面倒だし、体しんどいし、お金かかるし、精神的にも憂鬱だしね。


また秋に再検査です。なんだろうね、体質かね。


仕方ないんだろうねえ。閉経してたら卵巣とっても良いんだけど、それまでは


安易に取ると更年期障害ぽい症状が出そうで怖いなあ。


あー、小さくなりますように…。
スポンサーサイト

チョコレート嚢腫で入院

先日16日から21日までチョコレート嚢腫の手術で入院しておりました。


やれやれ、ようやく自宅に戻ってきましたよ。


この16日から入院して、17日手術、21日退院。


退院後は数日実家で安静。


5泊6日の手術の旅でした。


えーと、どんな手術なのか備忘録として書いておこうと思います。


もしかしたら、これからチョコレート嚢腫手術する人が見るかもしれないしねー。


<<7月16日>>

朝から入院。午前中に麻酔科の問診。


午後にベッドに案内され、お昼ご飯。(子供たちが面会に来るので個室が良かったのですが、


この時点では4人部屋でした。)


お昼ご飯、夕ご飯、ともに量が少ない!当然足りない分は院内のコンビニで買い食い。


しかし、買い食いもこの1度きりとなってしまうのです…。


夜、浣腸をされる。午前0時から絶食。



<<7月17日>>


午後10時まで清澄水は飲めるというか…ガンガン飲むように指導されます。


その代り、点滴しないんですね。そのほうが患者も楽じゃないですか。


で、また浣腸。もう出ないよ…。


午後1時手術室へ。


左手の甲に痛み止めシールをされていたのですが、そこに点滴。


心電図、脳波測定器みたいなのを付けられ、いざ全身麻酔。


ちょっと手の甲がしびれたなー、あれ?ちょっと目がかすむ…と思った瞬間、ブラックアウト。


昔通っていたそろばん塾の夢を見ていたら、手術終わったようで起こされました。


ボケたままの第一声は「台風逸れて良かったですね」だったようです。


広島、あれだけ直撃直撃言ってたのに、それましたもんねー。


血栓防止のマッサージ器を両足に付けられ、尿管の付けられ、ガタガタ震えながらベッドへ。


私は麻酔が合わない体質らしく、前の帝王切開でもそうでしたが、今回もまたすごい吐き気で、


夜中までずっと吐いてました。吐けるものないのに、胃液とか、胆汁とか吐きまくり。


私は、何かイベントごとがあるときは必ず大雨に見舞われるのですが、今回はまさかの曇天。


うーん…、おかしいな…と思っていたら。夜中、吐き気がようやく沈静化して


ウトウトしかけたと思っていたら、ベッドが冷たいことに気付いて布団を触ってみると


「どうしたの?これ?」っていうほどベッドがぐっしょり。放水されたか?レベル。


え?点滴外れた?尿管か!?と、慌ててナースコール。


看護婦さんたちは、点滴も尿管も外れていないし、水気などないのに、なんで


こんなにベットがグッショグショになっているのか相当不思議がっていました。


でも、私、なんでかわかった気がする。


夢うつつで見ていたけど、濡れたところ、なんか大きいのいたもん…。


という、オカルトな一夜でした。



<<7月18日>>


尿管も取れて、点滴も取れ、採血結果も良好。


傷もあまり痛まない。


ってか、傷よりもむしろ、内肩が激痛。なにこれ?鎖骨骨折した?ってくらい。


最初は、昨夜吐きまくったからかなーと思っていたのですが、看護婦さん曰く、


「腹腔鏡手術で使う炭酸ガスって、肩から抜けるらしくて、痛がる患者さん


いらっしゃいますよー」とのことでした。


でもほんとね、お相撲さんとか、プロレスラーに肩をバンバン叩かれてるくらい


の痛さなんですよ。痛さ半端ねえ。腹の傷なんて問題にならんくらい痛い。


ってわけで、3日間はこの肩の痛みに翻弄されました。


私が入院したところは、術後にすぐ麻酔をやめるので腹の傷が痛いとは言われていたのですが、


別にそんな痛くなかったです。ちょっとした生理痛くらいです。



<<7月19日>>


この日から連綿と続く恐怖の便秘。


私、ほんと、便秘と無縁でしてね。いまこの日記書いてるのが25日なんですけど、


出ないんですよ…。


便意はあるのに、固くって出ないの。やばいですよ。


レメディー飲んだりしても、ほんのちょっと固いのが出るばかり。


腹は膨らむ一方。恐ろしい病気ですね、便秘。


これはどーにかしないと…と、一応浣腸とマグネシウム系の便秘薬を購入。


でも!出ないんですよ…。


浣腸なんてしたら出まくりになりそうなのに、スティーブンセガールばりに沈黙を守っている私の尻。


とりあえず、全身麻酔すると便秘になりやすいそうです。


さらに、腹腔鏡手術も便秘しやすいそうです。ダブルで便秘しやすいわけですよ。


いまね、水分とったり、寒天食べたりしてます。


どーにかこーにか出るように神頼み。


そのうちいろいろ元に戻ると思うのですが、便秘という後遺症が残されるとは…。


これから全身麻酔とか、腹腔鏡される方は、術前からお気を付けください。


術後はあまりためらわずに下剤を服用されたほうがいいかもしれません。


ってわけで、便秘(と極度の疲れやすさ)以外はもう大丈夫です。


子供を抱っこするとさすがに腹が痛いし、触ると痛むけど、かなり大丈夫になってきました。


あとは時間が薬ですね。


やれやれ、これで厄落としになるかなあ。

チョコレート嚢腫の症状

チョコレート嚢腫の症状って、ほとんどないんですよね。


よほど大きくない限り。


まあ、ちょっと腰痛がするくらいかな。


あとは、生理中の生理痛がひどいっていうことらしいけど。


でも私、チョコレート嚢腫が小さかった若い頃のほうが断然生理痛重かった!!


鎮痛剤がないと吐いたり、飲んでもあまりの痛さに意識が飛ぶ(失神)することあったもん。


それに比べれば今はチョコレート嚢腫でかいけど、全然生理痛平気★


と思ってたんですけど。


最近、生理が始まってなんともないのに、終わりかけになって腹痛が出てくる。


??これって何??生理痛って普通、生理1日目、2日目が痛いわけでしょ?


なのに、生理5日目くらいで生理痛…。


気になったらグーグルですよ。検索するとですね。


血液が足りないそうです。というか、簡単に言えば老化…ですよね…。


生理って体力いるんですよ。排泄作業ですから。その体力が持たなくなってくるんでしょうね。


だから、生理終わりかけでへばって痛くなるんですよ、お腹が。


まあ、私も36歳ですよ。アラフォーですよ。そりゃそろそろいろんな老化現象出てくるわ。


法令線とやらも目立ち始めますよ。


ってわけでチョコレート嚢腫を摘出したところで、生理にまつわる不快感は、閉経するまで続くってことですわ。


女って因果な生き物だー…。


逆に男の人生って想像つかない。


日々変化するホルモンによる精神状態や、月一の体調不良に振り回されず、


妊娠出産とも無縁な生き物の人生ってどんなにか気楽だろうといつも思ってしまします。


男性には男性の苦労があるのでしょうが、それでも体がある程度頑丈に出来ている、というだけで尊敬します。


病気や事故などがない限りはある程度コンスタントに毎日同じ体調、精神状態を保てるわけですよね。


うらやましいです。来世では男性になりたいなあ。


あー、来月の今頃は入院中だなあ。


そろそろ本格的に入院グッズそろえなきゃー。

あ~あ・・・

あーあ。昨日ね、また病院で卵巣の検査したんですけど、ちょっとまた大きくなってるわ。


これはもうタイムリミットなので手術確定。はあ…。


まあ、日程的にはみーさんが夏休みに入った直後の、旦那の夏休みに合わせてなので子供たちの心配はあまりないかな~。

たっくんも断乳してるし。


医療保険の確認もしたからお金も心配ないし。


あー、でも面倒だー。手術痛いし、病院嫌いだ~!


まあ仕方ないけどね…。しょんぼり。取りあえず、退院して体調が良くなったらなんか自分にご褒美送ろう★


何にしようか考えながら手術に臨むことにしますわー。うんうん。


あ、そうだ。入院に向けていろいろ用意しとかなきゃな~。


スリッパ、コップ、箸、スプーン、フォーク、メモ帳、ペン…これくらいは百均でいけるな。


あとは、前開きの夏用パジャマっつーか、部屋着を3着程度用意してー。


洗顔に、スキンケア、お風呂用品でしょ。あとはティッシュ、フェイスタオル、バスタオル、ハンカチ…。


そーいや、手術後で出血するから生理用品もいるだろうな。


手術後は痛いから、腹を締め付けないでかいパンツがいるなー。


そうそう、あとは厄除けのお守りも持ってかないとね。


暇つぶしのゲームや本も。


あとは、子供たちのご飯を作って冷凍しとくぐらいか…。


まあ、子育てでずっと一人の時間持てなかったし、ある意味骨休みになるんですかね、この入院も。


でも骨休めなら温泉が良かったああああああ。

チョコレート嚢腫(5) とりあえず

先々週の金曜日、お義母さんの事故でバタバタしながら撮ったMRI。


その結果が先週金曜日でまして。


とりあえず、ガンじゃなかった!です。


とはいえ、また成長しておおかた8センチ大に成長。


夫もまじえてお医者さんと話し合い、経過を見ながら7月あたりに手術予定、となりました。


まあ、それまでに出来ることをして、手術に臨むかねー。


で、まあ、その結果を聞いてすぐに夫の実家に車を飛ばし、


退院したお義母さんをこちらの家に連れてきて、3日ほど面倒見てました。


歩くのもやっとだし、片腕は折れてるから、一人暮らしには戻せないし、


顔はアザがひどく腫れてるから買い物なんかの外出も難しいだろうと思って。


まあ、平日は病院通院もあるし、自宅に戻って弟嫁さんやお友達に世話になるようです。


たった3日でしたが、朝から晩までとりあえず身の回りの世話をし、風呂に入れ、さらに夫と乳幼児の世話。


けっこーハードです。


子育てしながら介護してる人なんて、ほんと、神だなと思いました。


私なんて疲れきっちゃったわー。


ってか、最初に夫に「私も頑張るけど、大変だろうからサポートお願いします」って


頼んでたのに、まったく、まーーーーーったく!!なんのサポートもなかった!!


私、内心ブチギレでしたわ。(-_-;


いつも通りグースカ寝て、育児も介護も私に丸投げ。夫の生活にはなんの変化もなし。


私だけ負荷が増えるってなんなの。あんたの親でしょ!!


嫁がやって当たり前でしょな態度。そんなだから前嫁に逃げられるんだよ!


うわー、こりゃ、本格的に介護とかなったら、私逃げるわー。


旦那の丸投げっぷりに、将来的に介護とかになったら「離婚」だな…とちらりと思ったり。


心の中ではそうとうな修羅場だった週末でした。


で、また今週もうちで泊めて風呂に入れようかと思っていたのですが。


ってか、旦那も私の善意に漬け込むかのように「風呂が困るよな~(チラリ)。」みたいに


私が「私がやるよ」というのを待ってるのがありあり。


親孝行は自分でやってよー。嫁や子供にさせないで!!


なんか「私がやる」って言いだしたところで「ラッキー」くらいなもので「ありがとう」とも


言われないんだし、無視して黙り、さらに先手を打って「あなたが実家に帰って入れてあげな」


と言っておきました。ごめんね、お義母さん。


でも、また3日まるまる私に何もかも丸投げにされても困る!


いろいろサポートしてくれたなら、こちらも頑張れるけど、最初の最初の仮想介護生活が


これじゃあもう最悪な印象でした。離婚まで考えたしね。


しかも、不可解なのが、あんなに安穏と人に世話を丸投げにしていたのに、


お義母さんを自宅に送り届け、さあ、帰りますよって段階になって泣き出す夫。


一人になるお義母さんが心配なのと、無事で良かったという気持ちと、いろいろあったようです。


って!!そんな泣くくらいならもっと世話しろや!!!


と、呆れ果てましたわー。百年の恋も冷めるっちゅーの。


で、私たちもこちらに帰ってきてから「結婚するほどの縁ですから添い遂げたいですが、


それはあなたの努力次第です。」と宣告しておきました。プンプン。


今世では添い遂げるかもしれないけど、来世はないぜ!!
プロフィール

キョロ37

Author:キョロ37
アラフォーの二児の母。広島在住。
育児絵日記や、オカメインコ、エネルギーワークなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター